MENU

芸能人の英語力や英会話はどの程度?勉強方法は?

石原さとみの英語力はどの程度?

芸能人の英語力は話題にされがちですが、石原さとみもよく話題にされる芸能人のひとりです。ドラマで英語講師の役柄を演じたりしたのがその一因でしょう。しかし、石原さとみでなく他の芸能人にも言えることですが、ほとんどの場合はそのセリフの部分をネイティブ風に発音する練習をしているだけです。セリフの部分に関しては意味もわかって話しているでしょうが、そこから一歩はずれるとまったくわからないでしょう。簡単な挨拶や日常会話ならわかるかもしれませんが、それは一般人も同じです。むしろ大学受験を経験した人で自分は英語は苦手だと言っている人の方が石原さとみやその他の芸能人よりはできるでしょう。その程度だと考えて問題ないです。
そもそも言語学習は演技のようなセンスとかではなく確実に時間をかけて学習するものです。付け焼刃でセリフのように覚えることはできますが、そこを外れたらわからないというのは語学力があるとは言えないでしょう。
何をもって英語力かという定義は曖昧ですが、読み書き、英会話が流暢にできるということであれば、留学経験があるか、ハーフタレントか、国内にいても相当学習した芸能人以外は見おう見まね程度です。語学力を神からの贈り物のようにとらえるのはおかしいです。

 

 

小池百合子の英語はどの程度?

芸能人の英語力の話題は一時期よりは減りましたが、今でもまだ取りざたされます。小池百合子に関しては芸能人ではなく政治家ですが、ある程度は英語を理解し、話すこともできるでしょう。しかし、多少の英語力があったからといってどうこうなるわけではありあません。
日本ではなぜか英語ができると頭が良いという勘違いが起こりがちですが、あくまでコミュニケーションツールにすぎないので、できればよい程度のものです。他の国では言語はツールなので、必要なら勉強すればよいという感覚ですが、日本では頭が良い人がマスターするものという感覚です。これには閉鎖的な国民性が関係しているのでしょう。最近はネットやSNSで海外の情報が用意に入手できますし、そもそも英語もネットを活用すれば無料で簡単に身に付けることができるので、誰の英語力がどうこうという話題は減りました。英語を簡単に身に付けられるというのは言い過ぎかもしれませんが、学習環境自体は無料で揃うということです。ネットのない時代は学習が大変だったというのは想像できますが、今の時代は学習環境に本当に恵まれています。
音源も入手できるうえに、字幕も自由につけることができるので、あとはそれに慣れるだけでマスターできてしまいます。

 

 

 

工藤静香の英語力はどの程度?

芸能人の英語力が話題にされることが多々ありますが、工藤静香の英語力はある程度高く、英語圏での日常生活に支障がないレベルであることが予想されます。旦那である木村拓哉の英語力が話題にされることも多々ありますが、木村拓哉よりは工藤静香の方が英語力は高いでしょう。
その根拠としては、英語力は単純に学習時間に比例することが多いからです。よく語学を身に付けることが頭がいいなどと言われたりしますが、そうではありません。言語は人間が簡単にコミュニケーションを取るためのツールです。そのため誰でもある程度身に付けられるものでなければ困るのです。
夫である木村拓哉に比べて、工藤静香は仕事の量が少ないので、家事や育児の合間に学習していると思われます。隙間時間に勉強する方法では時間が掛かるのは事実ですが、それを何年も続けていれば誰でも慣れてきます。
大学受験で英語が難しいといわれるのは、期間が限られているからです。1年やそこらで他の科目と並行して勉強するのは大変です。しかし、何年もかけての学習であれば、だんだん慣れて学習自体の苦痛も減りますし、生活の一部のようになってきます。このことは母国語である日本語で考えればイメージは容易でしょう。

 

 

 

海老蔵の英語力はどの程度?

芸能人の英語力の話題はよく取り上げられますが、基本的には取るに足らない話題です。留学経験があったり、そうでなくても本格的に学習していたり、ハーフタレントであれば英語を話せるでしょう。しかしそうでないタレントであれば、簡単な挨拶やあらかじめ決められていた文章を練習してネイティブっぽい発音に頑張って寄せて話しているだけです。
もちろんタレントによってはそれで英語ができたという解釈をするかもしれませんが、ほとんどのタレントは世間が勘違いをすることにむしろ困っているでしょう。
英語はやれば確実に身に付くものではありますが、それ相応の時間と労力を割く必要があります。忙しいタレントにその時間はないでしょう。寝る間も惜しんで、仕事をセーブして取り組むくらいの勢いで英語学習に励めば、数年でネイティブレベルに達する可能性は十分にありますが、そのようなことをするメリットはあまりないでしょう。ハリウッド進出を考えているというのなら話は別ですが、そうでないのであれば、日本語で十分です。
英語はあくまでツールです。話せたら頭が良いとか格好良いというものでもないです。格好良いというのはあるかもしれませんが、頭の良さは関係ないです。

 

 

木村拓哉の英語力はどの程度?

 

芸能人の英語力が取りざたされることは多いですが、基本的には仕事の片手間にやっているだけなので付け焼刃ではあります。長年学習していたり、もともとネイティブな芸能人であれば当然英語力は高いですが、そうでなくて役作りで少し話した程度であれば、そのセリフだけをネイティブっぽく頑張って発音しようとしている程度です。
そもそも実は英語が話せるというようなことにはあまりなりません。語学は誰でもできるものではありますが、確実なものを身に付けようと思えば片手間に少し学習してぺらぺらなんてことにはなりえないからです。役者やタレントとしての才能があるから語学の才能もあって、すぐに身に付けることができたなどのようなことが言われることがありますが、それは不可能です。語学において覚えなければならない単語や言い回しの分量は映画やドラマのセリフとは分量が桁違いです。
ちょっとやったらできたということはないので、英語力を身に付けたい人は小手先の情報に惑わされずにしっかりと勉強してください。ちなみに、挨拶や本当に簡単な会話であれば一日で話すことができます。そしてそれをネイティブっぽい発音で見おう見まねで話して英語力があるということになるのであれば、木村拓哉の英語力は高いです。