MENU

社会人のビジネス英語勉強方法 簡単TOEICアップ方法

社会人になれば英語しか話せない人と仕事をすることもあります。その時にスムーズに英語が話せれば、信頼感を得ることができ仕事がやりやすいです。ビジネス英語を勉強する時は、ライティングから始めるのが良いです。ビジネスでは面会する前にメールなどの書面でやり取りすることが多いです。どの国でも正しいことを伝えることが大前提です。書面は保管することができるため、問題が起きた時に自分や相手の根拠を裏付ける材料になります。保管されても問題ないように、正しい文を書くことが大切です。文章を作るので専門用語はきちんと覚えなければなりません。金融や貿易、保険など分野によって専門用語があるため、集中的に覚えれば簡単です。英語では最初に結論を示すのが普通なので、文章を作る時は予定日時や場所など最も重要なことを書きます。ビジネスではメールが1日にいくつも届くことは当たり前なので、最初の1文に定型文のような挨拶などを書いていると読んでもらえなくなります。完璧にこなそうとネイティブの考え方を反映させる人もいますが、正確に情報が伝われば良いので、凝った文法や時制は使わなくて良いです。英単語は高度な専門用語でも、文法は現在形や現在進行形、過去形など中学校で習った単純なものを使います。ライティングが上手くなってから面会に備えてリスニングやスピーキング能力を鍛えます。聞く力も話す力も耳を鍛えることでアップするので、教材やCD、海外ドラマなどにたくさん触れます。相手が何を聞いているのか理解できない人の多くが、音をしっかり捉えられていない可能性があります。外国人は単語と単語を区切らずにつなげて発音することがあり、単語一つ一つは知っていても聞き取ることができません。独特な発音はゆっくりと日本人でも分かりやすいように発音している教材ではマスターしにくいので、CDやドラマなどで慣れます。RとLの違いなどは日本語にはないので、理解しにくい部分です。耳は10歳前後に完成してしまいますが、絶えず聞くことで区別できるようになります。聞き分けられる人は話す時も意識できるので、発音が多少拙くても正確に伝えることができます。ビジネス相手によってはアメリカン英語でないこともあるため、イギリスやインド、オーストラリアなどで親しまれているCDやドラマで訛りや表現方法を勉強すると良いです。リスニングを続けると、シャドーイングができるようになります。シャドーイングでは聞こえてくる文章を少し遅れて追いかけるように真似することで、同時通訳者もトレーニングの一つに入れています。シャドーイングをすればリズムや訛りをコピーすることができ、単語とのつながりも知ることができます。CDならばメロディに乗っているので、英語でも真似しやすいです。自分の好みのテイストであれば、出勤時間や自宅にいる時などに楽しく聴けるので自然と覚えて、ビジネスにおける英会話にも応用できます。

 

社会人にライザップ英語をおすすめする理由

グローバル化が進む現代において、英語習得は必須のものであり、油断していると時代の波に取り残されてしまいます。しかし、そうとわかっていても、言語は簡単に習得できるものではありませんし、社会人には学生時代のように余裕をもって勉強できる時間はありません。そこでおすすめなのがライザップ英語です。
 ライザップでは最短2か月で学習の成果を出すことができ、忙しい社会人にとって、また出張など急を要する社会人に取ってありがたいものです。具体的には、専属トレーナーとマンツーマンで英語学習に励むことになります。まずは、カウンセリングなどを経て、各々の弱点を見つけ、その弱点を克服するための土台作りがなされます。そうすることで、クラス制とは異なり、分かっていることやできることを学習する必要がなく、無駄な時間を省くことができます。専属トレーナーが数百あるメニューの中から、カウンセリングで得た情報を踏まえ、各々にあった学習プログラムを作成します。また、学生時代の学習とは違い、英語に対する処理速度や反応速度を重視します。実際に英語で会話をするとき、相手が話したことをその都度頭の中で日本語に直してしまうと、スムーズな会話は成立しなくなってしまいます。いちいち日本語に直すのではなく、英語で理解し、答えるという作業を無意識のうちにできるようにするために、反復練習を重ねることも、ライザップが社会人におすすめできるポイントです。また各々に合ったシュクダイ制度により、学習の手助けもしてくれます。さらに受講者は出された課題を行うにあたり、どのような予定で課題に当たるのかを作成し、専属トレーナーに進捗状況を報告します。そこで専属トレーナーは忙しい社会人のために学習時間の取り方や勉強方法のアドバイスや管理を行い、常に学習をサポートします。
 このような仕組みでライザップ英語は行われ、短い時間で濃い内容を学習し、英語を使えるようにします。

 

 

社会人の英語リスニング勉強方法

toeicの点数を上げるためのリスニングであればそれ専用の対策が効率的ですが、そうではなく単純に英語を聞けるようになりたいというのであれば英語音声英語字幕で自分の興味のある動画を見る方法が最適です。
音声だけでも良いのですが、最初から聞き取るのは難しいです。また聞き流しているだけでも無駄ではないのですが、効率が悪いです。そんなことをするのであれば、文字と動画の内容で意味を推測しやすいように補助を付けた方が圧倒的に効率的です。
日本人は特に音を聞くのが苦手なので、初めは文字から情報を得るようにした方が良いでしょう。どういうことかというと、動画と文字で脈絡を把握し、その字幕を音に結びつけるのです。これで慣らしていけばそのうち音声だけで聞き取れるようになります。
たまに音声だけの方が耳に集中するから良いという人がいますが、耳に集中したところで聞き取れません。また、目を使ったら耳を使えないということにもなりません。五感を使った学習が効率的であるといいますが、せめて目と耳を使って学習した方が耳だけの学習よりも効率的でしょう。
また学習に使う動画に興味のあるものを選択することも重要です。語学の学習はよほど変な学習方法を選択しない限り、時間に比例して力がついてきます。そのため継続することが一番重要であると言えます。細かい学習方法についていろいろな意見が交わされますが、続けることが一番大切だということを忘れてはいけません。いくら効率的な学習方法であっても数日で辞めてしまっては効果がないのです。そうであれば、多少効率化が完全でなくても、自分の続けやすい方法を選択すべきです。勉強は語学に限らず、自分に合った方法が良いと言われます。自分に合うかどうかの基準は自分がその方法が好きかどうかが最重要です。結局頭に入りやすいかどうかは、好きかどうかにかかってくるので、自分が学習を楽しめる方法かどうかは気にした方が良いです。

 

 

社会人に必要な英語力はどの程度?

現在の社会人には英語力が必要になりました。日常的な場面でも、ビジネスの現場でも必要性は高まっています。英語能力を測る尺度としては英語検定があります。この検定には5級から1級までの7区分によって構成されています。5級で中学初級程度、4級で中学中級程度、3級で中学卒業程度、準2級で高校中級程度、2級で高校卒業程度、準1級で大学中級程度、1級で大学上級程度です。一般の社会人であれば、最低でも3級程度の能力が必要です。日常会話および簡単な意思疎通ができます。今後開催される東京オリンピックのボランテァであれば、この程度の力は最低限欲しいレベルです。また、ビジネスを行う社会人であれば、正確な英語力が要求されるため、さらなるレベルが必要です。英語検定であれば2級程度は最低でも確保したいレベルです。ビジネス現場では、英会話力も重要なため聞くこと、話すことも重要です。その他TOEICによる英語能力テストがあります。正式には国際コミュニケーション英語能力テストです。TOEICは英語によるコミュニケーション能力に力点を置いた検定です。TOEICは点数により評価されます。点数によってAランクからE4ランクに分けられます。860点以上でAランク、215点以下でEランクです。社会人のビジネスマンであれば、英文で書かれた社内文書や仕事の進め方が理解できるレベルであるTOEIC700点から795点は必要です。できることであれば、英文で書かれた情報の収集や同僚との議論を理解できるレベルであるTOEIC800点から895点を目標とするべきです。社会人でもビジネスマンの場合にはTOEICを重視する傾向があります。今後、これらの能力は社会人としてさらに要求される傾向が高くなると考えられます。言葉は習うより慣れろと言われるように、まずは、積極的に外国人のなかに入り込み、コミュニケーション能力を取得することが有用です。

 

 

商社に必要な英語力はどの程度?

商社に就職を希望する人達には、英語力は必ず必要なことになります。商社の規模にもよりますが、大手商社の場合には、TOEICの点数が860点以上のAグレードであることがポイントとなります。中小の規模の商社でも、730点以上のBグレードあることが望ましいとされています。
したがって、商社を希望する学生の場合には、とにかくTOEICで高得点がとれるような勉強をしておくことが大切なこととなります。何度か受験をして、自分の英語力があまりないと察知した場合には、商社を諦めることも必要なこととなります。
商社に就職をしたい人達は、海外出張などにも進んで出向けるような、行動力があることも必要になります。自然と、健康に自信のある人達が向いていることになります。また、どんな人とでも、うまくコミュニケーションをとりながら、得意の英語力を活かして仕事を進めていける能力も必要なこととなります。
学生の間には、自分にどういった適性があるのかは、はっきりとわかりにくいことです。仕事として任せられると、意外な力を発揮出来る人達も多くいます。したがって、様々な能力が備わっていないと商社を希望することが出来ないと考えすぎることも良いことではありません。
しかし、英語力などは、勉強をする時間のある学生の間に、訓練をしておくと有意義です。就職をしてからでも勉強出来ると思っていても、仕事と勉強は両立をすることが難しくなります。
したがって、英語が好きで、勉強をする気持ちがあり、TOEIC等の試験を受験して高得点がとれる人達は、商社を受験し、やる気をアピールすると合格する確率が高くなります。
大手の商社は、厳しさもありますが、待遇の面では魅力があります。英語が出来て、体力に自信があり、海外を飛び回って仕事をしてみたいという強い気持ちがある人達は、大手商社を希望するとよい方向に道が開けてきます。
TOEICで高得点をとる方法については、多くの書籍等が発行されていますので、よく準備をしてから、勉強を始めると有意義な学習が出来るようになります。

 

 

 

外資系企業に必要な英語力はどの程度?

 

外資系企業に就職するためには、ほぼ例外なく外国語の運用能力が求められます。語学力が業務に直接的にかかわる職種への応募でない場合でも、例えば英語が苦手である、という場合は難しいはずです。それではどのくらいの語学力が必要でしょうか。

 

まず第一に、応募要項に記述があればそれを満たしているかどうかで判断できますので、この場合は簡単です。第二に、特にそうした記述が無い場合です。この場合は漠然と語学力とか英語が得意であるといっても相手がそう評価してくれなくては何にもなりません。したがって検討すべきは、応募要項に語学力に関する記述が無い場合にどうするか、ということになります。

 

中学高校で英語が得意だった人は、実用英語検定(通称「英検」)を受験しているのではないでしょうか。この場合、通用するのは2級以上と考えましょう。2級に合格するためには、高校上級クラスである、という実力が必要です。高校の頃の教科書を再読すれば分かる通り、かなり高度な内容を含む文章が用いられています。そのレベルで「読む・聴く・書く・話す」ができれば、問題ありません。ただし学校教育では「読む」が重視されてはいても、「聴く・書く・話す」のトレーニングは著しく不足しています。そのためバランスのとれた英語力になっていないのが普通です。

 

大学卒業者であれば当然英検2級程度は入学試験を突破している以上は大丈夫というはずです。しかし前述の通り「読む」ことはできても「聴く・書く・話す」が苦手の人も多いはずです。しかもほとんどの人にとって、英語力のピークは大学受験時で過ぎてしまっているので、実用的な能力は低下しているはずです。

 

外資系企業に就職を希望する場合は、そのため英検ではなくTOEICを受験しておきましょう。TOEICは世界規模で行われている試験のため信頼性があり、「読む・聴く・書く・話す」の総合力が求められますので、英検高級者であっても受験しておくと良いでしょう。そして控えめに見積もっても700点は最低水準になると考えるべきです。直接語学力が必要とされる場合は、更に高得点が必要であり、850点をターゲットに勉強を進めないといけません。