TOEICスコアを短期間で上げる方法 ライザップ英語

MENU

TOEICスコアを短期間で上げる方法

ライザップの英語で何故、TOEICのスコアが短期間で上がるのか。

 

これは、最初の無料カウンセリングに行くと分かります。

 

自分流に英語の勉強をやると、自分はこの部分が弱いから参考書を購入して、この部分を
繰り返しやれば、いずれは点数がアップするだろう、、

 

という程度の予測を立てて勉強をする人は多いと思います。

 

1つの例ですが、私の場合、
リーディングですが、時間以内にどうして終わらないという弱点が
ありました。

 

それを

 

リーディングが理解出来ないのは圧倒的に、自分のボキャブラリーが少ないからだ!
だから1日50個の単語を出勤時間で覚えていく。
受験の時に出来たのだから、出来るはず!

 

と思って、取り組んだのが大きな間違いでした。

 

ライザップでTOEICスコア上げる

 

まず、学生の時の様になかなか単語が覚えられない。。。。
覚えられないから、いつまでたっても、単語勉強から離れられない。。。。
肝心のリーディングがいつまで経ってもスコアがあがらない。

 

また、リーディングって、自分はまだ、単語そんなに覚えてないから、この程度の
点数なのは仕方が無いさ!

 

きちんと、点数を上げていくには、まずはこの文章をゆっくりでも良いから理解する
事が大事だから、家で勉強する時は時間は気にしなくて良いや。

 

と自分に
甘えが出たり、言い訳をします。
 
リーディングに限らずなのですが、独学でしていると、現時点で点数が取れない
言い訳探しをしてしますのです。

 

ライザップ英語では、スコアがあがらない言い訳をさせない!

そこで、ライザップの無料カウンセリングに行くと、自分が言い訳にしていた部分が全て
否定されます(-_-;)

 

スタッフ:

 

「鷲川さん(私の名前)は、単語量だけではなく、基本的な読解力が足りていませんね。
 その証拠に、例え、分かり易い簡単な英単語しか入っていない文章でも理解していません。」

 

いや〜、初対面で結構言いますね(-_-;)

 

っていうぐらい、こちらが心の奥底で分かってはいたけど、言われたくなかったことをどんどん
言ってきます。

 

スタッフ:
 「心配しないでください。鷲川さんの様な方が殆どですから((笑)
 でも、それをきちんと理解して、それを短期間で克服するには、どうしたら良いのか
 を教えてるのが私達の仕事ですから」

 

と言って、その具体策まで無料カウンセリングでは教えてくれます。

 

そして、驚くのが

 

内容の多いこと と 短期間でやらせるストイックな計画

 

です。

 

 

”そりゃ〜 そこまで、短期間でやらせるなら、スコアあがるだろうね(-_-;) ”

 

と思います。

 

 

そして、それがある程度厳しいのも、ライザップは良く分かっていて、それを克服する方法も
知っているのが、ダイエットでも成功させるライザップの強さなんだと思います。

 

少しでもライザップ英語に興味があるなら、無料カウンセリングだけでも受けてみる価値はあります。

 

>>ライザップ英語最新お得なキャンペーン申込み<<

 

 

 

 

 

 

自分の勉強方法ではTOEICの点数は短期間ではあがらない

自分の方法に固執して、toeicのスコアを短期間で上げることはなかなか難しいです。

 

言語は誰でもできるものと言われますが、それはあくまでも時間をかけて感覚的に理解できるレベルまで
慣らしているためです。日本語で考えればすぐにピンとくるはずですが、人の話を聞きながら、
いちいち単語の意味がわからなくて詰まったり、文法の構造を考えたりしているとすぐに話がわからなくなるはずです。

 

これはどの言語でも同じことであり、もちろん英語も同じです。人間が一度に処理できる情報量は限られているので、一つ一つの基礎が頭を使わずとも感覚的に理解でき、情報の中身だけに集中できる状態が出来上がっていなければならないのです。
これにはある程度の時間が掛かります。単語の意味を覚えなければならないですし、文法の基本的なことくらいはわかっておく必要があります。また言い回しのパターンを知っておくということが必要不可欠です。逆に言えばこれだけできていれば、すぐに英語の場合にも中身にだけ集中できるレベルに達するのですが、英語を感覚的に理解するレベルには時間が掛かります。やることはシンプルでほとんどただの単純作業レベルで頭なんか使わなくてもマスターできてしますのですが、人間の慣れというのは理屈ではなく単純に長い時間それに触れている必要があるのです。言語は理屈ではなく慣れの要素が大部分を占めるので、ある意味短時間で効率よくマスターするのが難しい分野なのです。
集中力や記憶力によって個人差が出ますが、基本的に誰でも方法は違えども同じようなプロセスを踏むことになります。英語のシャワーを浴びるような学習法にしても、無意識に単語の意味などだけを考える時期や言い回しになれる作業をしているはずです。そして、それらが意識的にしろ無意識的にしろ、ある程度固まった段階で、全体の意味を把握できるようになっているのです。
上記のようなことをわかっているだけでも学習速度は高まるでしょう。英語力がまったく伸びないという人が稀にいますが、それは上記のような法則に当てはまらない学習法を選択しているか、もしくは単純に集中できていなかったり、学習時間が少なすぎるのでしょう。
しかし、どっちにしても英語力そのものを短期間で劇的に高めることは難しいです。そこでtoeicだけに特化した学習をした方が良いでしょう。具体的には、toeicの過去問の傾向をひたすらつかむ学習です。問題を解いて解説を読む作業を繰り返してください。飽きてきたら単語や熟語を覚えて、また問題を解くという学習法です。はっきり言って、つまらなくて苦痛の伴う学習法ではありますが、短期間でtoeicの点数を取るにはやはりtoeicの問題に特化した学習がベストです。やってみてどうしても合わないのであれば、英会話をしてみたり、あとは興味のある動画を見るような学習法を取り入れてみても気分転換になります。toeicの勉強に疲れたときに取り入れてみてください。

 

toeicスコアを短期間で上げるにはライザップ英語がおすすめです

今の時代わざわざお金を書けなくても自宅で簡単に英語力を高めることは可能です。具体的には、SNSやスカイプなどで外国人と通話やメールのやり取りをすればよいのです。メールであれば、翻訳サイトで調べながらできますし、英会話も仲良くなれば少しくらい詰まったり言い回しや発音がでたらめでも相手が推測してくれます。また単純な会話ならすぐにできるようになるので、英語のとっかかりとしては最適です。
しかしその一歩が踏み出せなかったり、人によってはお金を掛けないとやる気が出ないということがあります。そういうときはあえてお金を掛けてライザップ英語に申し込んでみたりするのもおすすめです。またお金を掛けてやる学習と、上記のような方法で無料で外国人と友達をネット上で作りながらの学習を並行しても良いでしょう。
また外国人との英会話によって英語力の底上げを図ることは可能ですが、toeicとなると単純な英語力だけの問題ではないです。もちろんtoeicも基礎的な英語力を高めることで圧倒的に有利になるのですが、どうしてもtoeic専用の対策をした方が効率的に点数を取ることができます。外国人との無料会話で基礎力を高め、ライザップでtoeic対策を行うという切り分けにすれば、相乗効果で短期間の劇的な得点アップが狙えるでしょう。
はっきり言って、toeicはそれほど難しいというわけではありません。要は慣れの問題です。言語自体誰でも扱えるコミュニケーションツールであるため、時間を掛ければ誰でもできるようになります。大学受験などで難しいと言われますが、それは1年間などの短期間でやらなければならないからです。言語をマスターするためには理屈で考える前に反射的に自分の中で意味を理解できる必要があります。日本語で考えるとわかりやすいですが、人と話したり本を読んだりするときに、いちいち文法などを考えていてはそのうちわけがわからなくなります。もちろん単語の意味も反射的にわからなけば、単語が何個かでてきただけでパニックでしょう。人間が言って時間内に処理できる情報量は限られているため、わからないことやじっくり考えなければならないことが複数あると混乱してしまうのです。英読や英会話が難しいといわれる落とし穴はここにあります。一つ一つのことは簡単でも、短時間に慣れないことを処理しきることができないのです。ではどうすればよいのかというと、単語や文法や発音の仕方などを一つ一つ切り分けて自分が感覚的にすぐに理解できるレベルまで慣らす必要があるのです。
それには時間が掛かるため、わかっていても難しいのが大学受験やtoeicです。
これらのことからわかるように、toeicは時間をかけて一つ一つのスキルを感覚的にわかるまでに慣らしていけば簡単なのですが、短時間でマスターしたい人がほとんどのはずです。
そこで、今までの学習データを蓄積しているライザップがおすすめです。

 

 

toeicのリスニングスコアを短期間で上げる方法

 

英語力がこれからは必要だと言われますが、それは事実です。toeicのスコアはわかりやすい英語力の目安となるので
取っておいて損はないです。
リスニングスコアの上げ方は、その人のレベルにもよりますが、最低限のの音とスペルと意味を頭の中で結びつけておくことと、それができていればあとはひたすら問題をこなすだけです。
しかしそれでは途中で飽きてきてしまうという場合には、実際に外国人と話してみるのがおすすめです。何も駅前留学したり海外に行く必要はなく、自宅で簡単にできます。
今はネットや携帯のアプリなんかでも簡単に外国人の友達を作ることができ、また外国人の中にも日本人の友達がほしい人がたくさんいます。
そういう人はスカイプのIDやSNSのIDをネットに公開していたりするので、積極的にコンタクトを取ってみると良いです。案外交友的に受け入れてくれます。そして英語を教えてもらう代わりに日本語を教えるなどの約束をしておけば、お互いにただで言語力を高めることができます。自分のIDをネットに出しておく手もありますが、いっぱい連絡が来すぎることがあります。
なので、出されているIDやSNSから探して英会話にチャレンジすると良いです。