ライザップと他英会話教室比較

MENU

ライザップ英語とオンライン英会話比較

ライザップ英語とオンライン英会話は料金面でもシステム面でも色々と違いがあります。ライザップ英語は短期集中型の英会話スクールですが、英会話の勉強を3ヵ月するだけで50万円かかる事もあるだけに、皆さんここに通っても大丈夫かどうかとても悩む人が多いようです。

 

ライザップ英語とオンライン英会話の料金だけを比較してみると、オンライン英会話なら格安で英会話を勉強する事ができるので、英会話の勉強を長く続けたり、英会話を身に着けた後に英語を忘れないように話せる場を設けるという意味ではオンライン英会話の方が比較するべくもなく安いお思います。

 

今回はライザップ英語と、オンライン英会話の中でも特に人気でユーザーも多いDMM英会話を色々と比較してみました。

 

<ライザップ英語とオンライン英会話の料金を比較してみた>

 

ライザップ英語はマンツーマンの授業を行っている英語スクールです。一方オンライン英会話はスカイプを利用して講師と英会話を学びます。

 

ライザップ英語とオンライン英会話の料金の比較ですが、ライザップ英語は入会金が5万円(以前よりも値上がりしたような気が…)、英会話コース3ヵ月のプランなら48万円かかるので、3ヵ月で50万円以上になります。

 

一方比較対象のDMM英会話の場合は1ヵ月で5500円なので3ヵ月で16500円です。

 

もうこの時点で勉強のためなら金に糸目を付けない人以外はオンライン英会話一択という感じがしてしまいますが、ここまでの金額を要求するからには何か秘密があるのでしょうか?もう少し多角度的に比較していきたいと思います。

 

<使われている教材を比較>

 

ライザップ英語ではビジネス英会話の中級1種類だけを使用しています。ビジネス以外の英会話を勉強したい人にとってはあまり向かないと思われますし、学習する本人のレベルが低すぎても高すぎても1種類しかありません。

 

ライザップ英語には普段の授業の他にもスカイプでのオンラインレッスンがあり、そちらは教材を使わずフリートークするというスタイルです。ライザップ英語はいくつかプランがありますが、申し込みする前に教材などを見せてもらって自分のレベルと合っているかどうか確認してからの方が良いと思います。

 

DMM英会話と比較してみると、DMMの方は教材の質が良く、種類も豊富です。ビジネス英会話を学びたい人にはそれ向けの教材がありますし、漫画教材もあって楽しみながら学習できるものもあります。

 

1レッスンごとに教材を選択する事ができますし、ライザップ英語と違って自分が勉強したい、本当に使いたい英語を毎回選んで学ぶ事が出来る点が魅力です。

 

教材もどのレベル向けなのかがしっかり書かれている上に、事前に中身を確認する事ができるので失敗したー…と思う事が少ないように感じます。教材の内容を比較するとDMMのオンライン英会話の方に軍配が上がりますね。

 

<講師陣の比較>

 

ライザップ英語では日本人とフィリピン人の講師が在籍しています。日本人講師だからといってレベルが低いわけではなく、TOEIC900点以上のハイレベルで優秀な人材がそろっています。フィリピン人講師の方はどのくらいの英語レベルかはわかりませんが、フィリピンは英語が話せる人がとても多いのでネイティブに近い実力を持つ人がたくさんいるそうです。ライザップ英語の日本人講師の採用基準を見る限りでは、フィリピン人講師に関しても一定以上のレベルの人が集結しているのではないでしょうか?

 

日本人講師の場合は英語の勉強のポイントを効率よく勉強できそうなので良いですが、あれだけ高額な受講料をとっているんだから外国人講師もネイティブを揃えていただきたいものです。

 

ちなみにライザップ英語のオンラインレッスンはフィリピン人講師が担当しています。

 

DMM英会話の場合は全世界の6000人もの外国人と話せますし、プラスネイティブプランというのがありますのでそちらを選んだらネイティブ講師のみのレッスンを受ける事も可能です。

 

<レッスン時間やレッスン場所についての比較>

 

ライザップ英語は3ヵ月間の短期集中型で学習するタイプの英会話レッスンです。ですが忙しい社会人なんかはどうしても時間がとれない人もいます。スカイプを使ってのレッスンは家でもできますが、その他に池袋や新宿などのスクールに通う通学型なので、すべての人にとって都合がいいとは言えないと思います。代わりに通学型なので学校や職場以外にも人と交流できる場所が増えるという点ではメリットもあると思います。

 

DMM英会話の方はオンライン英会話なので、自分の好きな時間に自分の好きなペースで英語を学ぶ事が出来る点がメリットです。

 

自分がやる気満々で暇がある時は毎日どんどんレッスンをしても良いですし、次の月は忙しいから時間がとれないという時は一時休会する事だって自由です。オンライン英会話は時間も場所も選ばないですし、自分の家で空いている隙間時間を使ってレッスンする事ができます。特にDMMは世界中に在住している講師が何千人もいますし時差もあるので、24時間いつでもレッスンできるのが強みです。

 

<レッスン内容・カリキュラムを比較>

 

上記の内容を見るとライザップ英語は高いだけで別にオンライン英会話で良くない?という結論に達してしまいそうですが、肝心のレッスン内容やカリキュラムについても比較してみたいと思います。

 

DMMのオンライン英会話はいつでもどこでもレッスンを受けられるので自由度がとても高いですが、強制力が無いのでついついサボりがちになってしまう人もいると聞きます。英語が話せるようになりたいと真剣に思っている人なら意識を高く持って継続していけますが、親に嫌々習わされているような子供とか、なんとなく英語話せるようになったらカッコいいぜ!くらいの軽いノリで始めたような人はそのうちサボり始めてしまう事もあるかもしれません。

 

楽しみながらや自己管理しながら続けていけるタイプの人はオンライン英会話がおすすめですが、そうでない人の場合は通学型の方が良いかもしれません。

 

特にライザップ英語は受講料も高いですからみんな本気で学びますし、週二回マンツーマンの対面レッスンが行われ、週5回のスカイプでのオンラインレッスンがあるので、英語の勉強が習慣化しやすくなります。

 

また、毎日宿題が出されるのでその課題をする事で学習効果も高まっていきます。課題をやるのは必須ですし、自己管理がうまくできない人や一人ではモチベーションが続かない人などはライザップ英語が良いでしょう。

 

ただ、それのために50万円というのはどう良心的に見てもお高いと思います。スパルタレッスンで確かに短期間で英語学習はできるかもしれませんが、読んで書いて聞いて表現できるようになるのかと言えば3ヵ月では無理な気がします。

 

現にライザップ英語には受講終了後に身に着けた事を忘れずキープするための、最低1年間という縛りがある月額制コースもちゃっかり用意されていますしね。

 

<比較した結果ではオンライン英会話の方が長く続けられるのではないか>

 

ライザップ英語とオンライン英会話を比較してみて思ったのが、カリキュラム内容は少々ゆるいもののオンライン英会話の方が料金的にも長く続けられるのではないかと思いました。

 

英語を勉強しても人間使わなければどんどん忘れていってしまうものなので、ネイティブレベルの講師と話す環境を長く作り続けていく事ってとても大事だと思うんです。

 

ライザップ英語にも終了後の月額性コースがありますが、これも19800円と結構高く、これだけでもDMMのオンライン英会話とくらべると三倍以上のお値段です。

 

お金を高く払えば英語が必ず身に付くとは限りません。ライザップ英語は確かに独自のメソッドで英語の勉強ができ、短期間で英語力をグッと上げる事が可能かもしれませんが、ライザップ英語やその他のオンライン英会話に入ったからといってすべての人がネイティブレベルの英語を話せるようになるとは限らないと思います。

 

オンライン英会話でもきちんとレッスンを続けて、レッスン以外に教材の英文を覚える努力をすると良いですし、同じ教材を使ったレッスンを二回受けて復習する事も効果ありです。

 

また、週に1〜2回はフリートークのレッスンを入れる事も有効です。しばらくオンライン英会話でレッスンをしてみて、自分と合わない・なかなか上達しないと感じたらオンライン英会話自体を別の所に変えてみるなど、色々工夫してみることをおすすめします。

 

今回はライザップ英語とオンライン英会話を比較してみましたが、短期集中・詰め込み型のストイック系のスクールは、受講料が高いわりに合う・合わないがあるので、その人の性格や学習時間がしっかり確保できるかどうかなどを考えて選ぶ事をおすすめします。