ライザップ英語の講師ってどんな人?トレーナーになる人の実力は?

MENU

ライザップ英語の講師ってどんな人?トレーナーになる人の実力は?

ライザップ英語の講師は色々な方がいますが、英語が苦手で全く話せない人が英会話にチャレンジしたいとか、TOEIC何点を目標にしているなど、幅広い目的の人に対応できると言われています。

 

ライザップ英語の講師ってどんな人がいるのでしょうか?

 

 

<鴨下和弘トレーナー(銀座店)>

 

英語を話す事は少々できるようになっても、英語を聴き取るリスニングがなかなか上達しないと困っている人が多いです。

 

鴨下和弘トレーナーのお話では、英語はただ聞いているだけでは上達しないのだとか。

 

個人それぞれの英語が聞き取れない原因を探り、それが単語自体を知らないからなのか、それとも文法を知らないのかなど、リスニングに関しての分析を細かく行っていく事が大切だと説いています。

 

個人では上達に何が必要なのか、何が足りないのかが見えてきませんが、トレーナーがそれを見抜く事で上達を目指していけると考えているようです。

 

<宮国瑞歩トレーナー(池袋店)>

 

宮国トレーナーは高校時代にホームステイの経験があるトレーナーです。

 

英語でコミュニケーションがとれた時の楽しさや感動などを知っているこのトレーナーさんは、英語を勉強する事で得られる新たな発見の可能性を伝えてくれていますが、その他にも英語の発音の重要性を謳っています。

 

英語を勉強している人の発音をネイティブに近づけ、正しい発音ができるようになってくると、英語を聞き取る力も不思議と上昇していくそうです。また、正しい発音をする事で相手とのコミュニケーションも更にスムーズになっていきます。

 

英語の上達やコミュニケーションの楽しさなどを大事にしているトレーナーさんです。

 

<山田藍翔トレーナー(池袋店)>

 

一人での英語学習に行き詰っている人にとっては、ライザップ英語で用意されているカリキュラムをこなす事で自然と英語力を高めていけるというのは大変な魅力です。

 

また、レッスンなどでトレーナーがサポートする事で挫折せずに頑張って続けていく事を更に可能にしています。

 

このトレーナー自身も英語の勉強をする上でつまづいた経験があり、どのポイントでつまづきやすいかなどを把握しています。

 

英語学習のつまづきによる苦手意識を無くし、英語を前向きに勉強できるようにサポートしてくれるトレーナーさんです。

 

<ライザップ英語の講師はどんな人材を募集しているの?>

 

上記では3人のトレーナーさんについて少しだけ紹介しましたが、有名なライザップ英語では多くの講師を抱え、優秀な講師を募集しています。

 

ライザップ英語では英語を教える講師としての役割だけでなく、勉強する個人個人が望む英語力を身に着けるための道のりをサポートできる人材を必要としているようです。

 

これからライザップ英語で勉強をしようとしている人向けのカウンセリング業務を中心に行う人材や、マンツーマンレッスンを行ったり、担当の受講者さんへのアドバイスメールを送るサポートなどを行う講師などが募集されています。

 

それぞれ役割が微妙に違うものの、ライザップ英語で学んでいる人達を応援するために必要な職種です。

 

<ライザップ英語は完全マンツーマン&専属トレーナー制>

 

ライザップ英語ではトレーナーがコロコロ変わったりせず、専属トレーナーが完全マンツーマンでレッスンをしてくれます。

 

大人数で受講するタイプや、毎回トレーナーが変わるシステムではないので、毎回確認事項が出たりなどの無駄を省く事ができますし、個人の英語力に合わせて適切なカリキュラムを行っていく事ができるでしょう。

 

専属のトレーナーと共に高速レスポンス特化型のトレーニングを行っていく事で、日本語→英語、英語→日本語の切り替えがパッと出来るようにし、英語力のアップを目指せます。

 

<新人の講師は力不足が心配なんだけど…>

 

ライザップ英語の講師は今でも募集をしていますから当然新人講師が入ってくる事もあると思います。

 

ライザップ英語では英語を勉強する人達向けのカリキュラムもありますが、講師の育成にも力を入れているのが見られます。

 

新人講師は教育メソッドだけではなく、接客などについても新人研修で叩き込まれています。この他にも配属された店舗でOJT研修などがありますし、実際にトレーナーとして活躍できるスキルが身についているかどうかの試験も受けています。

 

また、トレーナーデビュー後も定期的に研修やミーティングなどがありますし、トレーナー自身がスキルアップしていくために必要な面談など、多くの事柄をこなしています。

 

<ある程度の実力が無いとトレーナーとして活躍できない>

 

上記で書いたように、一定の英語力や受講者への接客力などが無いとライザップ英語で活躍する事はできないと思われます。

 

ライザップ英語は講師育成のためのマニュアルもしっかりとしているため、レベルの低いトレーナーに当たって英語力が上達しないといったリスクを気にする人にはぴったりかもしれませんね。

 

今回紹介したトレーナーは多数の在籍トレーナーのうちのほんの一部ですが、講師陣に対しての研修制度もしっかりしているため、講師の当たり外れはあまり大きく無さそうなイメージです。

 

ライザップ英語は英語学習のカリキュラムがしっかりと組まれているのでその点でも安心と言えるでしょう。