ライザップ英語口コミ評判英語上達方法体験談

MENU

上達方法体験談記事一覧

もともと私が行っていた英語学習は,学校の授業や宿題で出た正解に触れることで,なんとなく文章のカタチを把握するというものでした。例えば,中学生の時に受けた英検での語句整序問題では「なんとなくこれとこれが隣り合いそう」,「ここは順番が変な感じがする」といった曖昧なものでした。それでも正解が得られていたあたりに,母国語として幼児期から行う反復練習につながるものがあったとは思いますが,日本人の自分には限界...

私は受験英語をそれなりに得意なものとして乗り切りましたが,大学に入学すると「英語の本が読みたい」,「英語のニュースで情報を集めたい」,「洋画を日本語字幕や日本語吹替なしでたのしみたい」などと,「英語で何かを楽しみたい」と思うようになりました。そうしていろいろ当たってみたのですが,ニュースや洋画がなんともむずかしい。文章を読むだけであれば自分のペースでゆっくりできるだけでなく,単語も目の前に存在しま...

私の英語上達方法は楽しみながら少しずつ勉強するということです。基本的に勉強はきついので苦痛に感じると一層やりたくなくなります。そこでできるだけ楽しいと感じるようにして勉強するようにしています。そのやり方の一つが映画を観ることです。といっても初めから難しいものではやる気がなくなるので、最初はアニメなど子供向けのものがおすすめです。子供向けといっても生の英語ですから大変役立ちます。日常会話で使われるフ...

例えば、親の都合で小さい頃に海外で生活していた人やインターナショナルスクールを卒業しているなど、幼少期に英語に関わるような経験がなくても、英語は話せるようになります。実際にわたしは現在、英語ネイティブスピーカーと全く問題なく会話ができます。中学校・高校で英文法を勉強しましたが、当時は英語を学ぶことの意義や重要性も感じず、結局5年前の20歳までは英語を全く話すことができませんでした。それから、海外旅...

私は英語は決して得意な方ではなく、学生時代相当勉強したにも関わらずうまく話したりすることができないですが、高校3年生の時に一応英検2級を合格しました。実をいうと学生時代は、英語をはじめとして全ての教科を必死で勉強して常に成績上位にはいました。常に成績上位になって、なおかつ英検2級を合格するためにはさまざまな勉強をしました。まず、なんといっても英語は単語の暗記をすることが大切です。私は毎日英語を勉強...

国際社会で必要な言語の一つに英語があると思います。インターネットの普及によって、WEB会議やメールのやり取りで、海外の企業とのやり取りもスムーズになり、英語を話せる、文章を作れるという基本的なスキルが日本国内の企業内でも標準的に必要とされる傾向があります。現在、30〜40代の働き盛りの世代には、詰め込み式の英語教育が施された世代の為、英語が読めても文章を作成できない場合が多いと思います。また、日本...

<テストで目標設定>スポーツでもシ趣味の世界でもなんでもそうですが、ターゲット設定は上達の近道です。自分はランニング初心者ですが、先ずは身近なレースにエントリーして、完走もしくは目標タイム突破を目標にすると、ただ漫然と走っているより上達が早い気がします。英語も同じです。TOEICでも英検でもなんでもいいので、先ずは申し込んじゃいましょう。スコアが点数表示なのと、指標として国際的にも認知度が高いので...

小生が編み出した効率的な英単語の語彙の増やし方をご紹介いたします(この方法はある程度英語の基礎が終わった高校生ぐらいから始めるといいかもしれません)。小生はこの方法に「単語ジャンプ法」と名づけています。 @まず、英和ではなく、単語の意味も英語で説明している英英辞典を用意してください(中高生が対象ならさほど分厚いものは必要ありません)。また、以下に述べる理由から、電子辞書ではなく、紙のそれにしてくだ...

私が実践した英会話上達法は、瞬間英作文というものです。日本語の文章を見て、その場で口に出して英訳するという方法(または日本語の音声を聞いてその場で英訳する)で、通訳の方も実践されているトレーニングだそうです。私がこの学習方法を実践したきっかけは、外国人のお客様を接客する機会が時々あり、英語は必須ではないけれど話せたら便利、という職場に勤め始めたことからです。勤めだした当時の英会話レベルは、海外旅行...

今日は学校の英語テストで高得点をとる方法でなはく、社会人が実用的な英語を上達させるにはどうすれば良いのかを私の体験をまじえて「ライティング・スピーキング・リーディング」に絞って書いてみようと思います。私のライティングの上達方法には、Lang-8というサイトを使います。Lang-8は言語学習者の集まっているサイトです。日本語を勉強している人達の文章をこちらが添削するかわりに、自分の文章を掲載するとネ...

受験英語が得意で,大学入学後に洋書や洋画を楽しもうと勉強していた私ですが,ふと英語力を数値化したらどうなるのだろうとTOEICの受験を決意しました。いわゆる英語の試験からはずいぶん離れてしまいながらも無謀なことに特に対策をせずに参加。結果は500点にも満たない悲惨な結果でした。そこでTOEICに必要なものもまた違う英語力だと心を入れ替えて対策を始めました。特にビジネス単語がネックとなりました。そこ...

シャドーイングは、発音と、英語独特のリズム、イントネーションを覚えるのに最適なトレーニング方法です。シャドーイングとは、流れてくる英語の音声を聞きながら、ワンテンポ遅れてそっくりそのまま発音するという学習方法です。そっくりに発音しようと試みることで、英語の発音やリズム、イントネーションを体に覚えさせることができます。また、リエゾン("what are"が「ワラ」という風に聞こえるなど、単語と単語が...

英語学習で語彙力の増強は避けられないと思いますが,その中でも3段階あると思います。@中学生など初級程度,A大学受験生など中級程度,Bネイティブほどとはいかないながらも上級といった感じでしょうか。この中で@とBについては,レベルに応じた単語の英語と日本語が対応したいわゆる「単語帳」が力を発揮すると思います。そしてAの段階では単語レベルではなく,文中で語彙力を増やすのがいいと思います。 私自身,単語は...

日本人が英語の本を読もうとするときに一番やってしまいがちだけれど本当はやらないほうがいいことは「読んだ文章をいちいち日本語に翻訳する」ということだと思います。学校の授業では、教科書を読み・和訳をするという勉強をすることがあります。なかなか面倒な作業ですが、本当に自分が書かれている文章の意味がわかっているのかの確認をするにはいいでしょう。でも実際に英語で会話するとなるといちいち聞いたことを日本語に翻...

現在私は海外に友人も出来き、海外で働いた経験もあり、英語を日常に使うことに抵抗はありません。もちろんまだ勉強をする必要はあると感じていますが、勉強を始めた頃に比べると上達したと感じています。日本で英会話学校に通う今からかなり前ですが、3年ほど通いました。それまではほぼ英語環境に無かったので、手始めの一歩と考えていました。学校の文法やライティングばかりの授業とは違い英語でコミニュケーションをとる楽し...

英語力の指標としてTOEICを活用されている方は多いと思います。TOEICは、英検などと比べて、スコアが点数表示なのと、指標として国際的にも認知度が高いのでおすすめのツールです。ただ、点数アップにこだわるあまり、試験対策のテクニックに走りすぎてしまう場合があり、その弊害について少し書いてみたいと思います。TOEICは、対策により結構点数が稼げます。試験対策のテクニックが確かに存在するのです。極端な...

私は、主たる英語資格試験では、英検準1級、TOEIC885点、国連英検A級を持っています。どのようにして英語力をアップさせたかというと、巷にあふれる英会話スクールに通い、ラジオ英会話で勉強しました。時折、字幕なしで、大ファンの俳優さんが出ている洋画を見たりして、理解ができるかを確認していました。英会話スクールは、シンプルに会話をする場所として利用していたので、スクールに通っていたから英語力が伸びた...

大事な文法や慣用句、単語が含まれた短いセンテンスを、耳で聞いて、文字を見て、自分で声に出して、それをひたすら繰り返して覚えるという方法です。ある程度様々なセンテンスが頭に入ってしまえば、テストでも会話でも、様々な場面で対応することができます。例えば、基本的なもの、未来形、過去形、進行形、疑問形等の文が頭に入っていることで、テストでよく問われる、並び替えや変形の形等、頭に入っているセンテンスと比較し...

英語学習者が避けて通れない道と言えば、ボキャブラリーを増やしたり、文法を学んだりは基礎なのでもちろんのことですが、英語を日常で使いたいとなるとスピーキング力やヒアリング力が重要になってきます。この二つを伸ばさない限りは英語は話せません。日本の中学高校で学ぶ6年間の英語は、話すための英語の勉強ではなくて理解するための英語なので、6年勉強したのに話せない、というのは全く関係ないので安心してください。こ...

英語学習で大事なのはズバリ勉強量です。単語の意味や文のカタチを理解するのにはもちろん,それがスッと頭から出てくるようになるまで反復するのにも大変な時間を要します。よく「中高6年間も英語を学習して話すようにもなれないのか」と嘆く人がいますが,はっきり言って授業や課題の分量だけでは,英語と出会う機会が圧倒的に少なすぎます。これで読み書きや会話ができるわけがありません。 その分量を補うために大事なのは,...

大学受験のために日々頑張る受験生にとて,昨今では英語の試験を逃れるのは難しいと思います。「だったらどんどん英語力を鍛えて得点を上げたい」と思うのが人情というものです。しかしながらそこで間違った遠回りをしてしまえば,逆効果にもなりうるのです。何も考えずに評判が良かったり,上級者向けになっていたりする参考書や問題集に手を出すのは実はその実,遠回りにつながっていたり,ドツボにハマったりするのです。 そん...

英語の発音が上手になるにはどうすれば良いのでしょうか。参考になるかわかりませんが、以下はあくまで私の体験ですので、技術的な話を聞きたい方は期待しないで下さいね。まず発端から。私の時代はテレビで「○○洋画劇場」などの洋画番組が毎週2〜3本放映されてました。映像やストーリーの面白さに加え、挨拶、表現のしかた等の一つ一つにな新鮮な驚きがありました。中学校では英語を習うと聞いていたのでして「あのかっこいい...

1. 英語の勉強方法「毎日少しずつ、英語に慣れ親しむ」ことが重要だと思います。私の英語勉強は、学生時代の英語の歌をただ歌うことでなく、その意味を理解に努めることから始まりました。次第に海外で暮らすことに憧れ、また、海外駐在が実現し、そして帰国し、その間、いろいろな勉強方法を試しました。やったことは、@英語の歌詞の意味を調べて歌う。 A会社で英語サークルを作り、留学生を先生に招き、会話の機会を作る ...

近年では帰国子女の数も多く、英語を喋れるのは当たり前のグローバルな世の中になっています。そんな中、帰国子女じゃない私がどうやって会社で英語を使って海外を飛び回りながら仕事をできるようになったかをお話しします。少しでも英語を喋れないと悩んでいるビジネスマンにお伝えしたいです。まずビジネスにおいて英語を使用できるようになるにはリスニングとスピーキング能力だと思います。ライティングはもともと中学校から文...

英語の勉強方法はたくさんあります。時間やお金をかけて勉強して実践的な英語を身に付ける方法はたくさんあります。でも、そこで、ワンブレイクいれませんか?英語を勉強している人の多くは留学を目指していたり、海外勤務を希望していたりする方もいらっしゃると思うんです。実際に希望の地へ行って最初に試みるのはきっと日本人とはできるだけ話さない環境を作ることではないでしょうか?日本語を使い機会を減らし、英語で思考す...