TOEIC700点突破

MENU

TOEIC700点突破

受験英語が得意で,大学入学後に洋書や洋画を楽しもうと勉強していた私ですが,ふと英語力を数値化したらどうなるのだろうとTOEICの受験を決意しました。いわゆる英語の試験からはずいぶん離れてしまいながらも無謀なことに特に対策をせずに参加。結果は500点にも満たない悲惨な結果でした。
そこでTOEICに必要なものもまた違う英語力だと心を入れ替えて対策を始めました。特にビジネス単語がネックとなりました。そこで購入したのが「TOEIC 究極の模試600問(ヒロ前田)」です。本試験3回分の模試とその詳しい解説,および勉強法が載っており,ただがむしゃらに解くのではなく,そのやり方にしたがうことで得点アップが期待できるものです。
実際のやり方としては復習の間隔を短くすることで定着を図るのですが,TOEICとしては頻出かつ簡単とされながら,受験英語ではでてこない単語をひろって,自分オリジナルの単語帳を作りました。問題本文を例文としたり,辞書から他の情報を集めていくと,あっという間にノートの冊数が増えました。
また,試験本番での解くコツも考えました。これは本やネットにあるものから自分に合う形を選ぶことになります。大学入試時にはある程度わかっていることが前提だったので,時間を使わずにどんどん問題を消化していくことを意識していましたが,TOEICではそうはできませんでした。満点ホルダーでもやっと全部解ききれるのではないかという分量となっているようです。そこで私が選んだのは,全問に触れて解ききるのではなく,一問ずつ丁寧に精読していくことです。模試を解いているときはこれが一番しっくりきて,急いでやっていたときはわからなかったものも,「あ,こういう問題だったのか」と気づくことができました。大学生であれば,落ち着いて向き合えば太刀打ちできないような構文・文章ではないと思っています。
そうして臨んだ2回めのTOEIC試験は前回から2ヶ月でした。単語と解き方を工夫して得た結果はなんと720点。在学中の大学での単位互換としての基準を超える結果が単純な対策だけで出て驚きました。
単純な対策と言いながらも,その実,それをコツコツとやりきることが重要でありながらも大変なことはよくわかります。それでも上達を信じてこなしたかいがありました。さらに問題集を繰り返すことで,いずれ満点を取れるようになると信じてますし,対策を進めているところです。

関連ページ

英語のカタチを鷲掴みにして上達
英語のカタチを鷲掴みにして上達
洋画・洋ドラで英語力アップ
洋画・洋ドラで英語力アップ
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
大人になってからの英語上達方法
大人になってからの英語上達方法
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検2級も学年でただ一人の合格者になりました。
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検3級も学年でただ一人の合格者になりました。
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
英会話上達のヒント
英会話上達のヒント
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
語彙力を伸ばす3ステップ
語彙力を伸ばす4ステップ
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
さまざまな英語上達法を試してみた結果
さまざまな英語上達法を試してみた結果
TOEICの罠
TOEICの罠
私の英語力UP方法
私の英語力UP方法
私の英語力の鍛え方
私の英語力の鍛え方
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
スキマ時間を使って効率良く英語学習
スキマ時間を使って効率良く英語学習
受験英語での過去問の利用
受験英語での過去問の利用
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
英語の勉強体験と英語に対する思い
英語の勉強体験と英語に対する思い
こうしてビジネス英語を覚えました
こうしてビジネス英語を覚えました
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語