ライザップ英語口コミ評判

MENU

私の英語力の鍛え方

大事な文法や慣用句、単語が含まれた短いセンテンスを、耳で聞いて、文字を見て、自分で声に出して、それをひたすら繰り返して覚えるという方法です。ある程度様々なセンテンスが頭に入ってしまえば、テストでも会話でも、様々な場面で対応することができます。例えば、基本的なもの、未来形、過去形、進行形、疑問形等の文が頭に入っていることで、テストでよく問われる、並び替えや変形の形等、頭に入っているセンテンスと比較しながら問題を紐解いていくことができます。会話をするときでも、頭に入っている基本のセンテンスと比較しながら、自分の伝えたいことを作り出していけば、誤った文法を使ってしまうこともありません。同じ文法でもややこしいものや、使い方が複雑なものは、多数のセンテンスを頭に入れておく必要があります。不定詞、関係代名詞や動名詞等です。使い方によって意味や方法が異なるので、少し大変な作業ですが、繰り返したり声に出したりすることで、効率よく覚えていきます。そして、これまたやっかいなのは慣用句表現です。これは完全に丸覚えしてしまった方が早いと思います。どんなに語彙力の知識で自信があっても、はるかに予想を超える意味を作り出してしまうのが慣用句です。憎たらしいことに、テストの穴埋め問題や、長文の重要箇所によく使われます。知らないと話になりませんし、全く違う解釈で進んでいってしまうこともあるので要注意です。意味とセットで丸ごと覚えてしまうことをオススメします。会話をする際には、ネイティブの人が何気なく使っている口語表現も覚えておくと便利です。基本的なものだけでは対応できなくなってしまいます。ネイティブの方は割と早い段階で砕けた表現を使う人が多いですので、こちらも覚えておかないと全く話にならなくなってしまいます。覚える方法としてあげた「耳で聞く」「自分で声に出す」というのはとても重要なプロセスです。並行して、リスニング力を鍛えるという目的もあります。どんなに簡単な基本的な英文でも、耳を英語に慣れさせておくという意味でとても重要なポイントになってきます。後もう一つぜひ取り組んでおきたいのは、ひたすらに様々な単語に触れ合い、意味を覚えていくことです。なんだかんだで無視することができない、重要な英語力の一つが語彙力です。単語帳等を使って、数多くの単語を、意味と合わせてできるだけ覚えようと努力します。全部頭に入らなくても、見たことあるだけで取り掛かりが全然違ってきます。私はこの方法で、TOEICの点数が200点アップしました。

関連ページ

英語のカタチを鷲掴みにして上達
英語のカタチを鷲掴みにして上達
洋画・洋ドラで英語力アップ
洋画・洋ドラで英語力アップ
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
大人になってからの英語上達方法
大人になってからの英語上達方法
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検2級も学年でただ一人の合格者になりました。
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検3級も学年でただ一人の合格者になりました。
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
英会話上達のヒント
英会話上達のヒント
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
TOEIC700点突破
TOEIC701点突破
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
語彙力を伸ばす3ステップ
語彙力を伸ばす4ステップ
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
さまざまな英語上達法を試してみた結果
さまざまな英語上達法を試してみた結果
TOEICの罠
TOEICの罠
私の英語力UP方法
私の英語力UP方法
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
スキマ時間を使って効率良く英語学習
スキマ時間を使って効率良く英語学習
受験英語での過去問の利用
受験英語での過去問の利用
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
英語の勉強体験と英語に対する思い
英語の勉強体験と英語に対する思い
こうしてビジネス英語を覚えました
こうしてビジネス英語を覚えました
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語