洋画・洋ドラで英語力アップ

MENU

洋画・洋ドラで英語力アップ

私は受験英語をそれなりに得意なものとして乗り切りましたが,大学に入学すると「英語の本が読みたい」,「英語のニュースで情報を集めたい」,「洋画を日本語字幕や日本語吹替なしでたのしみたい」などと,「英語で何かを楽しみたい」と思うようになりました。そうしていろいろ当たってみたのですが,ニュースや洋画がなんともむずかしい。文章を読むだけであれば自分のペースでゆっくりできるだけでなく,単語も目の前に存在します。しかし音声になると,勝手なペースでどんどん進んでいくし,聞き取れないとどんな単語だったのかもわからない。そんな機会ばかりが積もってしまいました。
 そこで,まずは洋画・洋ドラに絞ってトレーニングすることにしました。このとき使ったのはHuluなどの配信サイトやDVDです。まず英語音声・日本語字幕でストーリーを把握しました。その際字幕に集中しすぎず,「いまこういう言い方した(はずだ)!」と最低限自分で聞き取れて理解できる表現も逃さないようにしました。
 一通りストーリーを把握できたら,やっと英語音声・英語字幕での視聴です。「この場面ではこういう話だったな」と思いながら,音声と字幕両方の英語に集中して,どういう文を話しているのか,どういう風に発音しているのかをドンンドン吸収していきます。ここが一番長く集中を要するので,始めたばかりは大変でくじけそうになると思います。私自身,何度心が折れそうになったことかといまでも思います。そんなときは,ちょっとリラックスして,「この俳優(女優)かっこいい(きれいだ)なぁ」,「このセリフだけは覚えていざってときに引用したいなぁ」と気軽に触れてみました。「英語自体の勉強なのではない,英語でコンテンツを楽しむことが目的なんだ!」と初心に帰って,楽しむことを意識しました。
 こうして洋画や洋ドラでのトレーニングが進むと,しだいにほとんど一発勝負のニュース英語にもついていけるようになりました。最近ではニュースサイトで映像でイメージを掴みながら,ニュース原稿を確認することもできますが,楽しさや勉強能率を考えたら洋画を先にトレーニング教材にしてよかったと思っています。いまでは,英語のラジオニュースを聞くことにもそれほど苦労はしません。なにはともあれ,「英語で何かを楽しみたい」という人は,ぜひともよくある「英語の勉強」ではなく,実際にそのコンテンツに触れて,それを教材として学習を進めていくことを勧めます。

関連ページ

英語のカタチを鷲掴みにして上達
英語のカタチを鷲掴みにして上達
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
英語は楽しみながら少しずつ勉強するのが大切
大人になってからの英語上達方法
大人になってからの英語上達方法
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検2級も学年でただ一人の合格者になりました。
独自の勉強方法で英語の成績は常にトップ、英検3級も学年でただ一人の合格者になりました。
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
母国語の語彙を増やして英単語からマスターしよう!
英会話上達のヒント
英会話上達のヒント
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
効率的な英単語の語彙の増効やし方「単語ジャンプ法」
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
瞬間英作文で英語が口から自然に出るように
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
社会人のライティング・スピーキング・リーディングの上達方法
TOEIC700点突破
TOEIC701点突破
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
シャドーイングで、英語のリズムを体で覚えよう
語彙力を伸ばす3ステップ
語彙力を伸ばす4ステップ
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
私が辞書を使うことなく原書が読めるようになった方法
さまざまな英語上達法を試してみた結果
さまざまな英語上達法を試してみた結果
TOEICの罠
TOEICの罠
私の英語力UP方法
私の英語力UP方法
私の英語力の鍛え方
私の英語力の鍛え方
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
日本人が苦手なスピーキング力とリスニング力の上げ方
スキマ時間を使って効率良く英語学習
スキマ時間を使って効率良く英語学習
受験英語での過去問の利用
受験英語での過去問の利用
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
「英語はかっこいい言葉」 とことん憧れた私の場合
英語の勉強体験と英語に対する思い
英語の勉強体験と英語に対する思い
こうしてビジネス英語を覚えました
こうしてビジネス英語を覚えました
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語
不朽の名作と話題の洋画から学ぶ英語